mini-counter

日本人は世界最古の民族だった!?ネアンデルタール人由来の遺伝子が現生人類最多と判明

ネアンデルタール人に最も近いのは日本人 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456157973/

≪とうとう今年も花粉症の「季節」がはじまった。2月にはいると首都圏でもスギ花粉が観測されはじめ、ドラッグストアでは対策商品の陳列に余念がない。

花粉症を含めたアレルギーは、もともと体に侵入した細菌やウィルスなどから体を守る免疫システムが過剰に反応しておこる。

花粉症も大変だが、生物が生きていくには欠かせないシステムである。この免疫に関わるいくつかの遺伝子はネアンデルタール人とデニソワ人からの「プレゼント」だったと今年の1月に明らかになった。

遺伝学の科学誌「The American Journal of Human Genetics」で独の研究チームが発表した。

人類の進化でエポックメイキングな最近の発見といえば、ヒトが絶滅させたと考えられているネアンデルタール人と人間が交配していたことと第3の人類デニソワ人の発見だ。
この3種は50万年前に共通祖先から分かれたと考えられ、ネアンデルタール人はヒトより数十万年前にアフリカを出て主にヨーロッパに広がった。

ネアンデルタール人をヒトが滅ばして、人類の中でヒトだけが今の繁栄を築いたわけだ。
独・マックスプランク研究所のJanet Kelsoのチームは現代人の遺伝子の中に、ネンデルタール人やデニソワ人との交配によって残り続けている「彼ら」の遺伝子をさがしていた。
目をつけたのがTLRの遺伝子。これまでの研究データもとにピックアップした。TLR(Toll Like Receptor)は細胞の表面にニョキニョキと生えているタンパク質。免疫で非常に重要な役割を果たす。

体を外敵から守るには、まず外敵の侵入を関知しなくてはならない。
この防犯センサーの役割を担うのがTLRというタンパク質なのだ。

体内に侵入した細菌や菌類、寄生虫の一部がこのTLRにくっつくとセンサーが作動し、外敵をやっつける細胞が集まったりと、さまざまな免疫システムが動く仕組みだ。

複数あるTLRのうちTLR1とTLR6、TLR10は染色体上に隣接している。
ネンデルタール人やデニソワ人の3つのTLRを含む領域を現代人と比較する。

ヨーロッパ人と東アジア人、アフリカ人など現代人の14集団のこの領域を調べると7つのタイプに分類された。
このうち2つがネンデルタール人由来、ひとつがデニソワ人由来だと判明する。

理論的にはヒトより数十万年先にアフリカを出て、中東を経由してヨーロッパに広がった
ネアンデルタール人の遺伝子は、アフリカに残った祖先由来のアフリカ人には存在しない。
調べると、確かにアフリカ人にはネンデルタール人由来のTLRを含む領域がほとんどみられなかった。

このように、現代人のTLRを含む領域のゲノム配列を詳細に調べ比較してネンデルタール人とデニソワ人由来だと突き止めた。

そして、機能が非常に重要性なので、数万年という自然選択を受けてもほとんど変わらずに高頻度で残っていたと考えた。

実はこのネアンデルタール人由来のTLR1とTLR6、TLR10遺伝子を最も多く持つのが日本人。
どの集団よりも高く、約51%が持っていた。≫

巷間の意見>>
………………………………
俺には蒙古斑がないし、ミクロネシア系の人々の身体特徴があふれかえってる
でも先祖代々、平安時代末期から北関東の土着なんだよな。
………………………………

(T-T)ノ~ 縄文時代は海岸だったからな。

巷間の意見>>
………………………………
デニソワ人の顔
https://confusedious.files.wordpress.com/2011/05/neanderthal.jpg

http://www.franceinter.fr/sites/default/files/imagecache/scald_image_max_size/2013/11/21/776722/images/Homo_erectus_pekinensis_-_archeaeological.png

………………………………

(T-T)ノ~ 工事現場にいそうなですね。

巷間の意見>>
………………………………
>ヨーロッパ人と東アジア人、アフリカ人など現代人の14集団のこの領域を調べると7つのタイプに分類された。

東アジア人という分類で調査したようだな。
この記事の書き方だと日本人という分類で調査したように誤解してしまう。
頭悪い記者だな。
………………………………

実はこのネアンデルタール人由来のTLR1とTLR6、TLR10遺伝子を最も多く持つのが日本人。
どの集団よりも高く、約51%が持っていた。
………………………………

(T-T)ノ~ 原文はこれ ↓

Introgression of Neandertal- and Denisovan-like Haplotypes Contributes to Adaptive Variation in Human Toll-like Receptors
http://www.cell.com/ajhg/fulltext/S0002-9297(15)00486-3

(T-T)ノ~ 日本人とはどこにも書いてないです。チベット人とは書いてあるけど…。記者のネタでした。

巷間の意見>>
………………………………
日本人とチベット人と同じ系統のアンダマン諸島の民族もネアンデルタール人なのかな
………………………………

(T-T)ノ~ 昔からネアンデルタール人じゃないかと言われてましたね。

アンダマン人
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%9E%E3%83%B3%E4%BA%BA

巷間の意見>>
………………………………
うちの旦那と、その父親は耳毛と鼻毛が超立派なんだけど、関係してるのかしら。鼻毛とか伸ばしっぱなしにしてると、そのうちにワンピースにいた人みたいにできるんじゃないの?って感じ。
旦那の父親はもう亡くなったけど、冬場は鼻水が固まって鼻の下に逆三角形の▼が張り付いていたわ。
………………………………

(T-T)ノ~ 旦那の父親は出似祖倭人です。

現生人類、ネアンデルタール人からうつ病など計12の病気に関連する遺伝情報を受け継ぐ/米バンダービルト大など
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1455379576/

≪関連が深かったのは、うつ病気分障害のほか、日光を浴び続けることで皮膚に赤い斑点やかさぶたができる「日光角化症」や血液が凝固しやすい病気、たばこへの依存などだった。
遺伝情報を担うDNAの塩基配列に、ネアンデルタール人との混血に由来する変異がある人は、これらの病気の危険性が増すという。≫

巷間の意見>>
………………………………
>たばこへの依存などだった

あっ コラどっからタバコを手にいれた!
時代考証(<-?)的にムチャクチャでござりまするがな
………………………………

(T-T)ノ~ ネアンデルタール人が一服して何が悪い。乾燥した葉っぱの煙を吸うことなど簡単にできるぞ。愛煙家の顔が古代人ぽいのはそのためか?

巷間の意見>>
………………………………
GABAの再取り込みに関係する遺伝子の欠陥がネアンデルタール人由来っぽい、ってだけの話でニコチンと直接の関係はない
GABAの再取り込みが十分にうまくいってないひとはニコチン依存症になりやすいらしい
………………………………

(T-T)ノ~ マジレスはつまらないな。

巷間の意見>>
………………………………
なんか嘘くさいな?

ネアンデルタール人のDNAが現物であるわけ?
アルプスの凍土の中から発見されたのか?
………………………………

人骨化石からミトコンドリアDNA採取して解析して現人類とある程度混血してることは明らかになってる
http://www.nikkei-science.com/?p=16203
………………………………

ミトコンドリアDNAはねえよ
最低限の知識すらないんだから
自分でURL示した記事くらいちゃんと読め
それでも>>5に比べたらマシだけどな
………………………………

(T-T)ノ~ 記事は良く読もう。

ネアンデルタール人のDNAに現生人類のDNAの痕跡 人類大移動の年表を書き換え
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1455785929/

巷間の意見>>
………………………………
コーカソイドネアンデルタール
モンゴロイド→デニソワ

の血が色濃いのかね
………………………………

(T-T)ノ~ そんな感じですね。

ネグロイドが純正な現生人類ですね。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!  <(_ _)>


人気ブログランキングへ

 



 
mini-counter