mini-counter

嗚呼世襲馬鹿息子!安倍首相USCの政治学科在籍はホラッチョ!麻生もスタンフォード大留学の学歴詐称

「あべ晋三事務所」公式HP(1998年)より
http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2016/03/0453a49cc3fb899ac1bfa5ccfd2374cf.jpg

衆議院議員 安倍晋三」公式HP(現在)より
http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2016/03/db1abe677cdb7a15d3f3cb52be931f68.jpg

安倍首相も学歴詐称ホラッチョだった !! ケースによっては公職選挙法違反で告発されることも
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1458395012/

≪今回の騒動で、「テンプル大学で学位、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得」と記載されたショーンK氏の経歴がデタラメであることが判明した ことにより、“消えた”経歴詐称疑惑にも注目が集まっている。特に海外留学体験をさも“学歴”のように表示する疑惑が現政権のトップにも存在していたこと から、今回の騒動が氷山の一角であることがわかる。

まずは日本のリーダーである安倍晋三首相だ。かつての公式ホームページには、1977年「成蹊大学法学部政治学科卒業、引き続いて南カリフォルニア大学政 治学科に2年間留学」から1979年「株式会社神戸製鋼所入社」と記載されていたが、現在の公式ホームページには、1977年「成蹊大学法学部政治学科卒 業」から1979年「株式会社神戸製鋼所入社」となっており、南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学という海外での経験が一切削除されている。

2004年2月の『週刊ポスト』の報道によると、安倍氏がUSCの政治学科に在籍したことはなく、78年の春期、夏期、秋期にのみ在籍し、取得した6コースのうち、3つは外国人のための英語コースであり、そこには政治学は含まれていない。

しかも安倍氏は、2年間留学といいながら、実際には1年間にも満たないことが判明。
そして、安倍事務所は「南カリフォルニア大には78年1月から79年3月まで在籍しています。政治学は履修したが、途中でドロップアウトしたため、記録が残っていないだけで、留学の実態はあったと考えています」と答えている。

その疑惑に対して、当時の民主党・菅代表は記者会見で「取材やホームページでの安倍氏の発言がくるくる変わっている」と指摘し、民主党として事実関係の調査をしていることを明らかに。その過程で記載は削除されたという。

続いては、麻生太郎副総理だ。2004年時点での公式ホームページでは、昭和38年「学習院大学政経学部を卒業後、スタンフォード大学大学院(昭和38年~昭和40年)に留学」から昭和40年「ロンドン大学政治経済学院(昭和40年~昭和41年)に留学。
帰国後に家業の麻生産業(現麻生セメント)に入社」と記載されていたが、2007年以降の公式ホームページでは、昭和38年「学習院大学政経学部卒業」か ら昭和41年「麻生産業株式会社入社」となっており、スタンフォード大学ロンドン大学という海外留学の経験が一切削除されている。

多くの人は、こうした南カリフォルニア大学スタンフォード大学ロンドン大学といった海外の大学について詳しくないため、何となく凄いのだろうと圧倒されてしまう。そして、プライバシー保護の時代に、学歴の真偽を確かめることも難しい。

安倍晋三麻生太郎に共通するのは、祖父がともに東京帝国大学(現・東京大学)を卒業した内閣総理大臣の「エリート家系」であるということだ。言わずもがな、安倍晋三の祖父は岸信介であり、麻生太郎の祖父は吉田茂である。彼らが自身にコンプレックスを
抱いていたのかどうかはわからないが、少なくとも周囲からの期待は凄まじく、プロフィールを“盛る”必要があったのかもしれない。

しかし、政治家が選挙広報で「学歴詐称」することは以下のように公職選挙法違反とされており、1996年に衆院選に立候補した
サッチーこと野村沙知代は、虚偽の経歴を公表した「詐称容疑」で東京地方検察庁に告発されている。

「学歴」という肩書きは、最も簡単に人から信頼と安心を得られるものである。「学歴重視」「欧米コンプレックス」の日本だからこそ、こうした学歴・経歴を水増しする行為が起こる空気が蔓延しているのだろう。≫

自民党工作員の書き込み>>
………………………………
安倍以外に誰がおるねん?

民進党か?

偽装メール忘れたんか?
………………………………

(T-T)ノ~ 世耕で充分だろ。こいつは早稲田の政経を出ているぞ。お前らに命令くらいのことはできるし、奥さんは民進党

巷間の意見>>
………………………………
ホラッチョ安倍が東京オリンピック招致プレゼンで断言したこと

http://blog-imgs-74-origin.fc2.com/s/u/g/sugosoku/sink20150710-04.jpg
●「アンダーコントロール!汚染水は完全にブロックされている!」→東電も驚き否定した大嘘でした…高濃度汚染水大量漏れを隠蔽してたしずっと漏れてます

●「世界に類のないデザインの新たな国立競技場から財源の確保まで、2020年東京大会は確実に実行することを約束します。」→大嘘でした…国立競技場問題で国民怒ってます

●「(福島原発による)健康問題については、今までも、現在も、そして将来も! 全く問題はない!!」→福島の子供に通常の70倍数、癌の可能性が出てますが…
………………………………

(T-T)ノ~ 安倍はルビ付きの原稿を読んでいるだけ。一応学習院卒の麻生は書けば誤字脱字だが、読みは教育漢字程度なら可能。英語も発音はダメながら 多少は話せる様子。安倍は英語もダメ。留学?中はずっと引きこもっていたらしく、買い物もまともにできなかった可能性もあり。

(参照)安倍首相 米留学時代10万円の電話代で父・晋太郎氏が怒った
http://www.news-postseven.com/archives/20150526_324653.html?PAGE=1#container

≪(成蹊)大学卒業が迫っても、安倍が就職活動をした形跡はなく、卒業後「本人の希望」(母・洋子)で渡米している。

「特段、学究心に燃えてということでもなかった。習っていた英会話に多少なりとも磨きをかけられればという程度の気持ちだった」──かつて安倍が筆者に明かした米国行きの目的だ。

今年のゴールデンウィークに訪米した安倍は、米議会での演説後にロサンゼルスに立ち寄り、留学先だった南カリフォルニア大学(以後、南加大)のキャンパスを訪ねている。

留学時代の学友は「MBA(経営修士号)を取ろうといったような意気込みではなく、単なる遊学だったのだが、あの頃が晋ちゃんが一番将来に悩んでいた時期ではないか」と見ている。

安倍は、どんな留学生活を過ごしたのだろうか。

1977年に大学卒業した後、そう日をおかず意気揚々と羽田からロスに旅立つ安倍を、ある学友は仲間数人と母・洋子、実弟・信夫に混じって見送ったという。

実は「留学」といっても、ロスでの安倍は最初から南加大に通ったわけではない。祖父・岸の代から安倍家と親交があった華僑のM氏の世話でイタリア系の老婦人の家に下宿しながら、英語学校・ヘイワード校で語学研修し、南加大に行くのは翌78年1月になってからだ。

滞米中、安倍は慣れない外国暮らしもあって“ホームシック”を募らせていく。

洋子は「Mさんは責任感の強い方で、晋三が寂しがっているようだからと自宅に呼んでくれたり、遊びに連れて行ったり、世話をいただいたようです」と、その一端を語っている。

学友たちの間に「安倍がアメリカでホームシックにかかった」との話が広がるほど、安倍は友人に手紙を頻繁に出していた。

「こんな友人ができたとか、便箋5~6枚に日常を書いてくる。何ということはない内容だったが、頻繁に手紙が来れば寂しいんだろうと思ってしまう」(学友)

こんなエピソードもある。

安倍が、やたらと東京の実家にコレクトコールをかけてくるため、父・晋太郎が堪忍袋の緒を切った。

「毎晩のようにかけてくる国際電話代が10万円にもなる月が続いた。さすがに晋太郎さんが『何を甘えているんだ。それなら日本に戻せ!』と声を荒らげた」(安倍家関係者)

この長電話の一件もあってか、安倍は1年3か月の南加大生活を切り上げ79年春、“途中帰国”している。学位の取得もなかった。

自民党幹事長時代、この「留学」経歴が国会で問題視されたことがある。

安倍はそれまで経歴書に〈南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学〉としていたが、実際の留学期間は1年強で、しかも政治学科に籍を置きながら政治学の 単位は取得していなかった(この問題は『週刊ポスト』2004年2月13日号がスクープした)。以後、経歴から「留学」は消され、現在は安倍の公式サイト のプロフィール欄にも記載はない。≫

(T-T)ノ~ 週刊ポストは重要事実を隠蔽していますね。華僑のM氏はおそらく工作員

巷間の意見>>
………………………………
1954生(61歳)
1962-1963小学2~3年に本田勝彦が家庭教師
1964-1965小学4~5年に平沢勝栄が家庭教師
1973成蹊高校卒業(エスカレーター)
1973成蹊大学法学部入学(エスカレーター)←親に買って貰ったアルファ・ロメオでご通学
1977成蹊大学法学部卒業(エスカレーター)
ニート期間2年■
(親のカネで英会話学校?のち米大学留学?)
~留学したのではなく、入学できずに誰でも受講できる季節講座(ESL)に登録しただけでサザンカリフォルニア大学入学も退学も記録はない
~1979神戸製鋼所入社(コネ)
~1982神戸製鋼所退職
■再ニート期間11年■
(親のカネで生活&世襲準備)
1993世襲出馬→当選後現在に至る
~現在、幼稚園児なみの頭で日本国の立憲政治を踏みにじる
~戦争好きの安倍晋三は同じく戦争好きの公明党の仲間たちと徒党をくんで日本の平和を壊す~
~平然とウソをつき、罪悪感が皆無で、自分の行動の責任をとる気がいっさいないサイコパス(反社会的人格)~
■■■■■■■■■
安倍の性格は、どうやら生育過程で培われたようだ(野上忠興週刊ポスト」に連載「深層ノンフィクション安倍晋三『沈黙の仮面』)。
安倍家取材40年の野上が安倍の幼少期からの生い立ちを追い、その人格形成過程を描いている。
平気でウソがつける性格は、実は小学校時代からのものだった。
夏休みの最終日、兄は宿題の日記ができていないと涙顔になっていたが、安倍は「宿題みんな済んだね?」と聞かれると、まったく手をつけていないにもかかわらず、「うん、済んだ」と平然と答えたという。
ウソがバレて、学校側から1週間でさらに別のノート1冊を埋めて提出するようにと罰が出ても、安倍の養育係女性が代わりにやった。
一般人の子どもはウソをついたら必ず代償があると教育されるのが普通だが、安倍にはその経験がなかった。罪悪感が皆無で、自分のウソに責任をとらないまま、大人になったようだ。
また、安倍の成蹊大学時代の恩師は「安倍君は保守主義を主張している。思想史でも勉強してから言うならまだいいが、大学時代、そんな勉強はしていなかった。ましてや経済、財政、金融などは最初から受け付けなかった。」
………………………………

(T-T)ノ~ そしてマスゴミが安倍内閣の高支持率を捏造。心底腐った国ですね。

安倍ちゃん、成長の「成」の字を間違える 成蹊大学を卒業したのに
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1367679125/

自民党工作員の擁護>>
………………………………
スレタイわろた
まあ崩し字の範疇なんだろうけどね
………………………………

ネトウヨ「こ、これは略字だから」(震え声)
………………………………

(T-T)ノ~ 安倍内閣の整腸戦略でした。


麻生首相を「阿呆太郎」と見出し(サンデー毎日
http://warabidani.blog81.fc2.com/blog-entry-2005.html

馬鹿研究家養老孟司氏 麻生首相は「読字障害」  
http://warabidani.blog81.fc2.com/blog-entry-2001.html

麻生首相 教員と親と間違える&医師は常識欠落者&テロ当日もバーに行くぞ
http://warabidani.blog81.fc2.com/blog-entry-1993.html

(T-T)ノ~ 短い期間でしたが首相時代は大活躍でしたね。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!  <(_ _)>


人気ブログランキングへ

 

 

mini-counter