mini-counter

アベノミクスで日本の1人当たりGDP10%ダウンしOECD20位に転落!来年韓国に抜かれる予想

日本の1人当たりGDP、OECD加盟国で20位に下落…韓国が追い越す可能性
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1482478389/

≪日本の1人当たり名目国内総生産(GDP)が3年連続で減少したことが分かった。

22日、内閣府は2015年ドルで換算した日本の1人当たりGDPが3万4522ドルと集計されたと明らかにした。

これは、昨年より9.6%も下落したもので、2013年以来続いている減少傾向から抜け出すことができなかった。

日本の1人当たりGDPを経済協力開発機構OECD)加盟国の他国に比べると、35カ国の中で20位だ。OECD加盟国のうち2位だった2000年に比べれば、15年間で18段階も下落した。

このように、日本の1人当たりGDPが次第に落ちているのは、物価の下落やデフレーションが長引いているためだとみられる。しかも、円安が進んでドルで換算した1人当たりGDPがより低下した。

これを受け、韓国が1人当たりGDPで日本を追い越す可能性があるという見通しも出ている。国際通貨基金IMF)は、韓国の1人当たりGDPが2020年に日本と同様の水準である3万6000ドル台に増加するものと見込んでいる。特に、購買力平価(PPP)基準に1人当たりGDPは2018年に4万1966ドルと、日本の4万1428ドルを追い越すとの予想を明らかにした。

一方、昨年韓国の1人当たりGDPは2万7200万ドルと、OECD加盟国のうち22位となった。≫

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
OECDの一人当たりの名目GDP(USドル)ランキング
http://ecodb.net/ranking/group/XK/imf_ngdpdpc.html

01位・・・ルクセンブルク
02位.・・・スイス
03位・・・ノルウェー
04位・・・アイルランド
05位・・・アメリカ
06位・・・デンマーク
07位・・・オーストラリア
08位・・・アイスランド
09位・・・スウェーデン
10位・・・オランダ
11位・・・イギリス
12位・・・オーストリア
13位・・・カナダ
14位・・・フィンランド
15位・・・ドイツ
16位・・・ベルギー
17位・・・フランス
18位・・・ニュージーランド
19位・・・イスラエル
20位・・・日 本
21位・・・イタリア
22位・・・韓 国
23位・・・スペイン
24位・・・スロベニア
25位・・・ポルトガル
26位・・・ギリシャ
27位・・・チェコ
28位・・・エストニア
29位・・・スロバキア
30位・・・チリ
31位・・・ポーランド
32位・・・ハンガリー
33位・・・メキシコ
34位・・・トルコ
………………………………

(´・Д・`) 振り向けば韓国。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
アベノミクスの大義

「円安」により、輸出を振興して外貨を稼ぐ。日本は外貨を稼ぐしか生き残る道はない。

→ 完全にデマ

安倍が、海外に援助金をバラ撒いてるように、日本は外貨が腐るホドある。
今や、外貨収入は、円安による輸出振興によってではなく、海外投資や特許料その他貿易とは無関係に日本は獲得している。

→「円安」は亡国
    
国家の通貨の価値を目減りさすことは、日本の経済力全般を低下さす。
何よりも、輸入価格(エネルギー資源、原材料、食料その他)が高騰し、  GDPのホボ90% を占める内需企業の経営と、国民生活を非常に圧迫するのである。
………………………………

(´・Д・`) ユダ金に貢ぐだけの目的で存在している政権ですからね。
一般的に売国奴と言います。

(`∀´) 自民党工作員の書き込み>>
………………………………
国連の新基準適用で日本のGDPが6.3%も増加
http://www.recordchina.co.jp/a157472.html

2016年12月11日、中国メディアの観察者網は英国メディアの報道を引用し
国連による新基準を当てはめた結果、日本のGDPが6.3%も増加したと伝えた。

記事によれば、国連が定めたGDPの計算方法に関する新基準では
研究開発費や特許、版権に関する支出も投資とみなされる。
この新基準を適用した結果、日本の15年のGDPは499兆円から531兆円となり
一気に6.3%も増加するという。これにより、実体経済は何の影響も受けていないにもかかわらず
安倍首相が掲げた20年までに名目GDPを600億円にするとの公約実現に大きく近づいたと伝えた。
………………………………

(´・Д・`) 600億円は旧基準で算定しているから、新基準にするのなら公約を640兆円にしなければ駄目だろ。
小学生ででも気づくような妄言を吐く日本政府でした。


(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
■安倍首相と会食したマスコミ経営者や幹部たち
1月7日 読売新聞グループ本社渡辺恒雄会長=パレスホテル内の日本料理店「和田倉」
  8日 産経新聞の清原武彦会長、熊坂隆光社長=ANAホテル内の日本料理店「雲海」
  10日 時事通信田崎史郎解説委員=赤坂の日本料理店「陽羅野家」
2月7日 朝日新聞木村伊量社長=帝国ホテル内の中国料理店「北京」
  14日 産経新聞の清原武彦会長=ホテル「ザ・プリンス」内の中国料理店「陽明殿」
  15日 共同通信の石川聡社長=白金台の日本料理店「壺中庵」
3月8日 日本経済新聞の喜多恒雄社長=帝国ホテル内のフランス料理店「レ・セゾン」
  13日 日本テレビの粕谷賢之報道局長=赤坂のレストラン「アークヒルズクラブ
  15日 フジテレビの日枝久会長=芝公園のフランス料理店「クレッセント」
  22日 テレビ朝日早河洋社長、幻冬舎見城徹社長=首相公邸
  28日 毎日新聞朝比奈豊社長=ホテル「椿山荘」内の日本料理店「錦水」
4月4日 時事通信田崎史郎解説委員、読売新聞の小田尚論説委員長、朝日新聞の曽我豪政治部長=永田町の中国料理店「聘珍楼」
5月7日 時事通信の西沢豊社長、田崎史郎解説委員=パレスホテル内の日本料理店「和田倉」
  8日 読売新聞グループ本社渡辺恒雄会長、日本テレビの大久保好男社長(他に長嶋茂雄氏、
松井秀喜氏も同席)=首相公邸
  14日 中日新聞小出宣昭社長、長谷川幸洋論説副主幹=西麻布のフランス料理店「彩季」
  15日 読売新聞グループ本社渡辺恒雄会長=パレスホテル内の日本料理店「和田倉」
6月12日 NHKの島田敏男解説主幹、産経新聞の石井聡論説委員など報道各社の論説委員
解説委員ら=赤坂の中国料理店「赤坂璃宮
(以下はニュース発行後に確認)
6月20日 河北新報の一力雅彦社長、福井新聞の吉田真士社長、信濃毎日新聞の小坂壮太郎社長、
静岡新聞の大石剛社長、京都新聞の白石方一会長兼社長=ホテルオークラ内の中国料理店「桃花林」
7月1日 読売新聞の飯塚恵子論説委員ら=ホテルグランドパレス内の日本料理店「千代田」

日本報道の自由度72位

………………………………

(´・Д・`) CIAに呼びつけられたんですね。

1人当たりGDP、日本は世界20位=円安でドル換算縮小―15年
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482479362/

内閣府は22日、米ドルに換算した2015年の1人当たり名目GDP国内総生産)で、日本は経済協力開発機構OECD)加盟35カ国のうち20位だったと発表した。イスラエルと順位が入れ替わり、前年の19位から後退。データが残る1970年以降で最低となった。

日本の1人当たりGDPは前年比9.6%減の3万4522ドルと、3年連続で減少。国内経済は成長したものの、円安の影響でドル換算額では縮小した。1位はルクセンブルク、2位はスイスで、米国は5位だった。≫ 

 \(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
それと20位ってのはOECD加盟35ヶ国中の20位であって
シンガポールとか産油国まで合わせれば世界で40位くらいのもんだぞ
人口ボーナスのおかげでGDP世界3位になってるだけで個人当たりのGDPはめっちゃ低い
サービス業なんてアメリカの3分の1とかだからw
………………………………

(´・Д・`) 日本人がいくら稼いでも、みんな米国に貢いでいるから…。

日本、2050年までに先進国から転落か・・・GDPはインドの3分の1となり存在感は「著しく」低下
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482464669/

≪人口減少や少子高齢化、生産性の伸びの減速による経済の縮小により、日本は2050年までに先進国から転落するかもしれないと警告する報告書を、日本経済団体連合会経団連、Keidanren)が設立したシンクタンク21世紀政策研究所(The 21st Century Public Policy Institute)が発表した。

報告書では、慢性的な低出生率による労働力の減少や、貯蓄率の低下、投資活動の停滞によって、日本は経済大国の座から転落するだろうとしている。

また、たとえ生産性が世界経済でトップクラスの国々の平均水準まで回復したとしても、2030年代には日本経済のマイナス成長が始まると予測している。

日本の国内総生産GDP)は2014年にインドに抜かれ、2050年までには中国・米国の6分の1、インドの3分の1の規模となり、存在感は「著しく」低下すると警告している。2011年に中国に抜かれるまで、日本は世界第2位の経済大国だった。

最も悲観的なシナリオでは、財政状況の悪化により日本経済は縮小を続け、世界の経済大国とは言えない水準までGDPが縮小するという。

しかし日本の未来に全く希望が無いわけではない。報告書は、女性労働力率を2040年までにスウェーデンと同水準まで向上させることができれば、日本は2050年まで世界第4位の経済大国の地位を保つことができるだろうとしている。


(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
ネトウヨこそが国を滅ぼす元凶
現実逃避の手段としてウヨ化を選んだ国は例外なく衰退する

アルゼンチンの歴史

20世紀初頭、経済発展を成し遂げ大量の中流層が生まれる

中流層は民主主義を拡充させ、経済は更に発展する   

1929年には世界5位の金持ち国になる

不景気を背景に政権交代を試みるが失敗に終わる

イギリスの経済ブロックに入って経済を立て直そうとするが
それはイギリス経済植民地になる事を意味していた

少数の既得権益富裕層が政治を支配して格差が拡大

国民はなぜか支配者に反抗せず逆に右傾化していく

1946年、派手な経済政策を謳うウヨが大統領になる

当初はこの経済政策が成功したかに見えたが、裏では国富を失い続けた

急速に経済が衰退していくと共に、更に右傾化して軍部が影響力を増す

国民の不満をそらすため戦争を起こすと共に、左翼を弾圧する

経済破綻、貧困国の仲間入り
………………………………

(´・Д・`) 日本の場合、最初からユダ金の言いなりだから…。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
全部、小泉、竹中の規制緩和のやりすぎのせいだよな。
コストを無視した価格競争で中小企業がゾンビ化してる。
あとは派遣制度改悪がさらに情況を悪化させ、雇用調整の道具になってしまった。
………………………………

(´・Д・`) 絵に描いたような売国奴でしたね。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

 無料お試し版もあります

チャクラ瞑想術  無料お試し版

 

mini-counter