mini-counter
mini-counter

サイバーテロ「WannaCry」はNSAがら流失したと判明!自衛隊機墜落と関係か?

ランサムウェア】「WannaCry」で世界を攻撃、これまでにわかったこと
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494826575/


≪世界150か国以上で被害が出ている「ランサムウエア」を使った前例のない規模でのサイバー攻撃について、専門家らは現在、犯人の特定に全力で取り組んでいる。今回、主に米マイクロソフトMicrosoft)の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ(Windows)」の旧バージョンが狙われた。

ランサムウェアを使った今回のサイバー攻撃について、これまでに明らかになっているのは以下の通り。

全世界で12日、主にマイクロソフトの「ウィンドウズXP(Windows XP)」の脆弱性に付け込んだサイバー攻撃が相次いで発生。「WannaCry」や「WCry」と呼ばれるランサムウェアが攻撃に用いられた。

その手口は、利用者がデータにアクセスすることを一時的に不可能にし、その解除と引き換えに仮想通貨「ビットコインBitcoin)」での身代金支払いを要求するもの。旧バージョンのOSは、すでに基本的な技術サポートが終了している。

■被害状況

欧州警察機構(ユーロポール、Europol)のロブ・ウェインライト(Rob Wainwright)長官は14日、今回のサイバー攻撃による被害は世界150か国以上に及び、被害件数は20万件以上に上っていると明かした。ランサムウェアを使ったサイバー攻撃としては、史上最大の規模だという。

英国の複数の医療機関やスペインの通信会社大手テレフォニカ(Telefonica)、仏自動車メーカーのルノーRenault)、米運輸大手フェデックスFedEx)といった企業のほか、露内務省、独ドイツ鉄道(Deutsche Bahn)なども被害に遭ったと報じられている。

■全世界に拡散

専門家らは、ランサムウェアのプログラムが世界数十言語に対応しているとみられることから、ハッカーらは世界的なネットワークのかく乱を目論んでいたことが考えられると指摘している。

露モスクワ(Moscow)のITセキュリティー大手カスペルスキーKaspersky Lab)の研究チームは、米国家安全保障局(National Security Agency、NSA)が開発したコードが使用された点を指摘し、これが被害の急速な拡散につながったとしている。このデジタルコードは、NSAから流出したドキュメントに含まれていたものだという。

ウェインライト氏によると今回の攻撃は、ランサムウェアとワーム機能を組み合わせた特殊なものだったため、1台のコンピューターが感染すると、ネットワーク上にある他の脆弱なコンピューターにも感染が及ぶようになっていた。米セキュリティーソフト大手シマンテックSymantec)は、攻撃は無差別に行われたとしている。

■背後にいるのは誰か

ハッカーの身元やその動機については、現時点では明らかになっていない。被害に遭った国々では現在、安全保障当局が犯人特定に全力を注いでいる。

犯人像については、個人とは考えにくく、サイバー犯罪を専門とする地下組織がかかわっているとみられる。より高度なエンクリプションを用い、その行動を分かりにくくしていると専門家らは説明する。

■要求

感染すると、300ドル(約3万4000円)を仮想通過ビットコインで支払うよう要求するメッセージがスクリーンに表示される。

メッセージは、支払いが3日以内に履行されない場合には金額が2倍となり、7日以内に支払いがなければデータファイルは消去されると警告する。

被害の規模から、たとえそれぞれが少額であっても短時間で相当の金額が集まる可能性も考えられるが、これまでに支払った人はそう多くないとみられている。

専門家らは、要求に応じればハッカーを喜ばせるだけであり、ファイルのロックが解除される保証がないばかりか、被害者の銀行口座情報を知られることになる恐れもあるため、支払いには応じないよう注意を促している。≫

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
被疑者候補の露助のカスペが言ってるだけで
NSAがコード書いたりしないだろう 元はイスラエルじゃね
………………………………

(´・Д・`) 米・露・イスラエル・中国あたりか?
大穴は北朝鮮

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
ISISの可能性も
………………………………

(´・Д・`) じゃあ米国様だろ。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
日本の国産OSを作るのがいいだろ。
………………………………

(´・Д・`) 米国様が許してくれません。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
メールのプレビューでもダメなの?
削除するのに右クリで選択状態にしたら必ずプレビューになるじゃん
………………………………

(´・Д・`) 選択状態にしたら必ずプレビューにならないようなメールソフトを使うしかないですね。

( ゚д゚)、 巷間の意見>>
………………………………
バックドア脆弱性NSAノよy級で付けたmS謹製
ヒント アメリカは被害が超少ない マイクロソフトOS Google Adobe

事前にランサムに強いKasperskyを名指しで選挙介入で非難

マイクロソフトのウィンドウズアップデートのdayに合わせた攻撃

つまりぐる、そういうkと
班員はMSと米情報機関NSA
………………………………

(´・Д・`) NSAに忍び込んだロシアスパイかも…。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
NSA元職員がNSAwindowsバックドアをMSに作ってもらって、情報盗んでると発表

そんなのでまだ、あいつはキチガイと発表

NSAバックドアツールがリークされる

それを使ったランサムウェアが蔓延、自衛隊機墜落など

MSが、脆弱性攻撃パッチを何故かサポート終了OS分も配布


あれれー、NSA元職員が言ってたこと、全部本当じゃんwww
宇宙人いるって言ってたよなあの人wwww
………………………………

(´・Д・`) 自衛隊機墜落と関係があるのか。まさか自衛隊はXPで頑張っていたとか…。

不明の自衛隊機発見 現場から新たに1人 合計4人を救助
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494912497/

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
救助って生きてる人間に対して使うイメージだが…
収容とかじゃなくて?
………………………………

(´・Д・`) ↓

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
救助って書いちゃうあたりが、NHKの国語力が絶望的に駄目になってるのが分かる
………………………………

(´・Д・`) だいぶ朝鮮人に成り代わっているから…。

(TдT) 巷間の意見>>
………………………………
さっきまで2人心肺停止、2人生死不明だったが今4人の遺体に変わってた
………………………………

(´・Д・`) ご冥福をお祈りします。

サイバー攻撃】世界で猛威 ランサムウェア「WannaCry」とは? シマンテックが解説
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1494857313/

≪「WannaCry」と呼ばれるランサムウェアが世界で猛威。ファイルを暗号化し、ビットコインで“身代金”を要求する。
特徴や対策を、シマンテックがブログで解説している。

古いWindowsの脆弱性を悪用した「WannaCry」(WannaCrypt、WannaCryptor)と呼ばれるランサムウェア
世界で猛威をふるっており、英国で医療機関が機能を停止するなど、欧州を中心に大きな被害が出ている。
日本でも週明けから被害が拡大する可能性が指摘されている。

セキュリティベンダーのシマンテックは5月14日、WannaCryの特徴や対策を紹介するブログ記事を公開し、注意を呼び掛けた。

ファイルを暗号化、ビットコインで“身代金”要求

WannaCryはトロイの木馬ランサムウェア。主にメールを通じて感染が広がっている。 今年3月に明らかになった、
WindowsのServer Message Block(SMB)の脆弱性(MS17-010)が他のコンピュータへの拡散に利用されており、
企業ネットワーク内で自身を拡散する機能を備えている。

感染すると、データファイルを暗号化したうえで、身代金として300ドルをビットコインで支払うよう要求する。3日後には要求金額が2倍に、
7日過ぎても支払いがなければ暗号化されたファイルが削除される--と書かれているという。

暗号化されるファイルの拡張子は、「.jpeg」「.ppt」「.txt」「.doc」「.zip」など150以上。暗号化後、
ファイル名の末尾に「.WCRY」という拡張子を追加するという。

暗号化されたファイルの復号は現時点では不可能。身代金を支払うことはすすめておらず、暗号化されてしまったファイルは、
可能ならバックアップから復元するよう呼び掛けている。 ≫

(*・ω・)ノ 巷間の意見>>
………………………………
拡張子を表示させる設定にしてれば分かるだろ
………………………………

(´・Д・`) 初期設定では拡張子は表示されませんね。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります

 

 



 

 

mini-counter