mini-counter
mini-counter

韓国がまた捏造で日本に嫌がらせ!慰安婦資料の世界遺産登録

慰安婦資料の世界遺産登録、日本の抗議に韓国外交部がコメント
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1499848162/

≪2017年7月11日、韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は、慰安婦関連資料の世界遺産登録事業をめぐって日本から抗議を受けたことに対し、「後の世代が慰安婦の真相を理解するよう努力を続ける」と表明した。中国新聞網が伝えた。

韓国の鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家庭部長官は10日、慰安婦関連資料の世界記憶遺産登録を支援する考えを示したほか、ソウルに慰安婦博物館を建設する計画も明らかにした。鄭長官の発言をめぐって岸田文雄外相は11日、韓国側に抗議したことを明らかにしており、菅義偉官房長官も同日の記者会見で「日韓合意の着実な実施が極めて重要」「日本の立場を韓国に強く申し入れている」などと述べた。

趙報道官は11日の定例記者会見で「慰安婦問題における政府の立場は一貫している」とした上で、「つまり、後の世代が慰安婦の真相を理解するよう努力を続けることだ」とした。≫

 \(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
慰安婦」問題は、戦前、売春で家が3軒建つほど稼ぎ捲った朝鮮人売春婦の持ち金(軍票)が日本の敗戦で無価値になって無一文になったのを取り戻す活動が原因だったんだろ? 1965年に締結された「日韓基本条約」で根本解決済み。
それを朝日新聞の記者が捏造した記事を掲載して、それを韓国・中国政府が
反日活動に利用した。
「少女像」ってアメリカ軍に轢き殺された女子高生がモデルなんだよね。
アメリカ大使館前に設置する予定だったけど多額の賠償金を得た為に設置出来なかったんだよね。丁度、朝日新聞の嘘・捏造記事が有ったので慰安婦にすり替えて2度目のお勤め。今度は10億円日本政府からせしめたな。

本物の「慰安婦像」も有るんだけど悍ましい朝鮮人ババアの「売春婦像」。

朝鮮人の行動にイチイチ文句を言ってても切りが無いよ。とにかく日本国内
から反日鮮人を完全に排除すべきだね。
………………………………

(´・Д・`) 通名は廃止させよう。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
まぁ日本だって、隣にこんなに嘘つきな集り民族がいるってことは、後世に伝えるべき真実ではある
ちょっと縁があったからって、食えなくなった自国の年寄りの面倒まで押し付けてくるんだからなw
………………………………

(´・Д・`) 嘘つきと集り文化を世界遺産に登録すればいいのに。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
普通は売春婦見たいな後ろめたい仕事をしていたら
証言とかしないんだよ。チョンババアが異常なだけ
大多数を占めていた日本人慰安婦が誰も出てこないのみて分かるだろ
………………………………

(´・Д・`) 金になるならなでもやっちゃいます。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
韓国政府が売春婦の与太話を政治カードにしてきた事実を韓国の子供らに伝えるってことか
あと、おかしな民間の政治団体な
………………………………

(´・Д・`) 売春文化を子々孫々に伝えるためだろ。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
これ登録するさせたら良いんじゃない?
但し
①日本の資料も提出する
・当時慰安婦を斡旋していた朝鮮人を逮捕したり取り締まった新聞記事など
②連合軍占領下での慰安所及び慰安婦の事実と当時の扱いも報告する。
・アメリカにある資料が前提
朝鮮戦争時の慰安婦の存在を明記する
ベトナム戦争時の慰安婦ベトナムで行った強姦及び虐殺を報告し、慰安所の有効性を検証する。

これで一気に過去と歴史を精算しようじゃないか!
………………………………

(´・Д・`) 改竄しまくるぞ。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
韓流流してるBSテレビは電波利用権利没収だ
日テレが一番韓流たれ流してる ウジどこじゃねえよ
テレビが日本で一番売国なんて許せん
………………………………

(´・Д・`) マスゴミ売国奴バロメーターでわかりやすいですね。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
でも日本ってパチンコ屋が換金してる事を警察は知らないっていう国だからなぁ
売春に関しちゃ更にややこしいぞ
ソープランドですら売春はしていない事になってるからデリへルとかはそれこそ売春婦にはならんやろなぁ
………………………………

(´・Д・`) ごまかしと隠蔽文化は日本の世界遺産だから…。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります

 

 



 

 

mini-counter