mini-counter

××ちょっと待てその国民審査!木澤克之判事はアベトモ加計学園元監事××

国民審査
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/49831598c42b9b830aad17a320fe5b44


【加計/最高裁木澤克之判事】国民審査で信任されるのか 木澤克之判事は加計学園元監事
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1508544396/

≪「×」を書くべきか迷ってしまうのが衆院選のときに行われる最高裁判所裁判官国民審査。今回の選挙では、15人いる裁判官のうち7人が審査の対象になっているが、その中で注目されているのが木澤克之氏(66)。あの加計孝太郎氏の大学の同級生なのだ。

木澤氏は1974年に立教大法学部を卒業し、77年に弁護士登録した。これまで立大法科大学院教授や東京弁護士会人事委員会委員長、法務省人権擁護委員などの要職を歴任。昨年7月に最高裁判事に就任したときは「立教卒の最高裁判事は史上初」と話題になった。

■安倍首相とゴルフを楽しむ仲

木澤氏を“時の人”としているのがもうひとつの経歴だ。13年から、加計学園の監事を務めていたのだ。前述のように木澤氏は加計氏の立大時代の同窓生。監事になっても不自然ではない。ただ、加計氏のバックには“腹心の友”である安倍首相が控えている。
木澤氏は日弁連が推薦した候補者から判事に選ばれたわけだが、気になるのは決定に安倍首相が関わっていたかどうか、なぜ木澤氏の名前が出たのかということ。週刊朝日によると、木澤氏は安倍首相と一緒にゴルフを楽しんだこともあるようだ。

最高裁に問い合わせたところ、「最高裁判事は裁判所法第39条によって内閣が任命することになっています。詳しい経緯は分かりません」(報道係)とのこと。そこで内閣府に電話すると「最高裁判事は総理大臣と国務大臣によって閣議決定されます。(木澤氏の名前が出た経緯は)最高裁がご存じかと……」(総務官室)と一種のたらい回し状態。何だかよく分からない。

もっと首をひねってしまうのが木澤氏の経歴だ。最高裁のHPに顔写真付きで紹介されている略歴は「平成25年 学校法人加計学園監事」と明記。ところが総務省のHPに掲載された「最高裁判所裁判官国民審査公報」の木澤氏の略歴には加計の「カ」の字もない。有権者はこの公報を読んで国民審査の投票を決めるのだが……。

こうしたことから、ネット上では安倍首相と加計氏、さらには木澤氏との関係についての文言が目立つ。

「安倍首相は加計学園のためにこんなことまでやっていたのか!!(略)NHK会長だけでなく、最高裁判事にまで手を突っ込んでいた」

「安倍首相は司法も私物化!」

「安倍首相と加計孝太郎理事長のオトモダチ関係が、木澤氏の最高裁判事任命にも何らかの影響を及ぼしたのではないかという疑惑が浮上した」

果たして木澤氏に対してどのくらい「×」がつくのだろうか。≫


(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
国民審査は全部×
………………………………

(´・Д・`) 国民審査は国民を愚弄するインチキ審査です。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
立教大法学部
こんな学歴で最高裁判事になれるものか
………………………………

(´・Д・`) 安倍首相に失礼だろ!

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
投票しよう!
史上初の過半数を目指せ!
×  木澤克之
………………………………

(´・Д・`) こいつだけは…。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
最高裁判所まで私物化したアベ、内閣府に子分がいるのだ
………………………………

(´・Д・`) トンスル内閣。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
戸倉三郎 山口県徳山市出身
林景一 山口県出身
山本庸幸 通産官僚出身
木澤克之 加計孝太郎の学友
なんじゃこりゃ!
………………………………

(´・Д・`) これが日本の現実。情弱馬鹿の人も少しは気付きなさい。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
以前 棄権するって言ったら そのまま投票箱に入れてと
投票所の人に言われた(もちろん 文句いったが)
それぐらい どうでもいいと思ってるんだろうな

今回は 初めて棄権しないで投票する
もし 今回 Kが罷免されなければ この国民審査の制度上
の問題があるということが明白になる

次回からは 最低でも ○×
もしくは 信任だけ○  罷免したければ無印で
………………………………

(´・Д・`) 日本の裁判所は詐欺集団。

作品紹介

内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード20000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります


日本大没落史001

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキング

 

mini-counter