mini-counter

日本が北朝鮮と戦闘状態に!侵略略奪した北朝鮮軍船を捕獲し兵士らを捕虜に

朝鮮戦争
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/83b8e80e8f40bed1cf968743c2332a20

北朝鮮木造船 乗組員数人を窃盗の疑いで逮捕
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512774577/

≪北海道南部の松前町沖の無人島に停泊していた北朝鮮の木造船の乗組員数人が、島の小屋にあった発電機のエンジンを持ち出したとして、警察は窃盗の疑いで逮捕しました。≫


\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
な!核武装した国に忖度するようになるわけ

日本も核武装しろ!
………………………………

(´・Д・`) 日本に決定権があるわけないだろ。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
連中にとって北朝鮮にいるのと日本の刑務所にいるのってどっちがマシなんだろ
………………………………

(´・Д・`) 微妙ですね。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
軍属なんだろう?
日本領海領土侵犯、更に略奪行為、逃亡未遂で役満じゃないか?
………………………………

(´・Д・`) 常識的には戦闘行為だから戦争です。

北朝鮮木造船】 逃走か
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512717414/

第1管区海上保安本部に入った連絡によりますと、北海道南部の松前町の沖で見つかり、
函館市沖で巡視船にロープで係留されていた北朝鮮から来た木造船が、
8日午後3時半ごろ、船のエンジンをかけて動き出したということです。

海上保安本部は木造船が逃げたと見て、船の近くを航行して監視しています。
その後、午後4時ごろ巡視艇などが取り囲み、木造船は停止しました。

NHKのカメラの映像では、海上保安部のボート2隻が木造船に接近し、
海上保安官が乗組員に呼びかけている様子が確認できます。≫ 

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
食い逃げ 今日以降これから日本海は大荒れ。
食うもんなくて 北朝鮮迄逃げ切るつもりか?
………………………………

(´・Д・`) 日本の別の無人島に再上陸する手もあるぞ。

北朝鮮木造船】乗組員が「朝鮮人民軍手帳」 漁船のはずがなぜ?
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1512559493/

≪またしても、不審な木造船が漂着。
新潟・佐渡市で、6日に新たに発見された船は、岩場に乗り上げ、大きく破損した船体からは、漁に使う網のようなものが垂れ下がっている。
船首部分や装備品とみられるポリタンクにハングルが記されていることから、この船も北朝鮮籍であるとみられている。
一方、北海道で海上保安庁の巡視船に係留されている木造船では、新たな事実が判明した。
4日、FNNのカメラに笑顔を見せていた、10人の乗組員。
その中に、「朝鮮人民軍」を表す文字や名前などが書かれた、船員手帳のようなものを持った乗組員がいたことが、新たにわかった。
確かに、この船には「朝鮮人民軍」という文字が記されたパネルが掲げられていた。 ≫



北朝鮮の木造船船内から重さ数百キロの発電機エンジン発見 無人島から持ち出しか
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512770726/

≪北海道南部の松前町沖の無人島に停泊した北朝鮮の木造船から発電機のエンジンが見つかり、島の小屋に設置されていた発電機のものと一致したことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は乗組員数人が小屋から持ち出したと見て、窃盗の疑いで捜査を進めています。

先月28日、北海道松前町沖の無人島「松前小島」に停泊していた北朝鮮の木造船から日本製のテレビなどが見つかり、乗組員の一部が「島から家電製品などを持ち出した」と話したことから警察は詳しい状況を調べています。

船内からはテレビのほかに発電機のエンジンが見つかり、警察が確認したところ、北海道の出先機関が14年前に島の小屋に設置した発電機のエンジンと一致したことが捜査関係者への取材で新たにわかりました。船内で見つかったエンジンには港の管理人があとから取り付けた部品の一部も見つかったということです。

発電機は重さが数百キロあり、警察は乗組員数人が小屋から持ち出したと見て、窃盗の疑いで捜査を進めています。≫

港も小屋も家電もあるの? 知られざる「無人島」の世界
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1512715548/

≪北海道から北陸にかけての日本海側で、北朝鮮から来たとみられる木造船の漂着が相次いでいます。乗組員が上陸した無人島の建物からは、家電製品などがなくなっていることが分かりました。
あれ? なんで無人島に建物が? 家電が? 「無人島」と聞くと、何もかもない絶海の孤島を想像してしまいますが、取材してみると、
さまざまな“個性”にあふれ、島国日本で大きな役割を果たしていることが分かってきました。(ネットワーク報道部記者 郡義之 栗原岳史 飯田耕太)


舞台は「松前小島

北朝鮮から来たと見られる木造船が日本国内に漂着したり、周辺で漂流したりするケースは、海上保安庁によりますと、11月だけで28件確認されました。月別の数として、データがあるこの4年間で最も多くなっています。

11月28日には、木造船が北海道松前町の沖にある無人島「松前小島」の港に停泊しているのが見つかり、乗組員の一部は島に上陸したことが確認されています。

そして、警察などによりますと、島にある小屋は内部が荒らされた状態で、テレビや冷蔵庫、洗濯機、バイクなどがなくなっているということです。≫

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
数百キロの重さって
軽自動車1台くらいか?
それを木造船に積み込んだのか?
クロネコか佐川で働け。
………………………………

(´・Д・`) これを盗んだから船が座礁したんですね。
 
石破茂氏「日本には北朝鮮を攻める能力なんてゼロです。」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512776131/

戦闘機などのプラモデルや、天井まで届く本棚にびっしりの本。作家・林真理子さんとの対談で、個性的な議員会館の一室に迎えてくれたのは、政策通で知られる自民党元幹事長の石破茂さん。読書家で、マリコさんのご本も多数お持ちとか。25年前に訪れたという北朝鮮や総裁選について、お二人は大いに語りつくされました。

林:いかがでした、北朝鮮は。

石破:とにかく驚くばかりでした。徹底した反日、徹底した個人崇拝、徹底した国民に対する洗脳教育の様子をまざまざと見せつけられて、「この国は何かやるに違いない」と直感的に思いました。私は防衛分野のイメージを持たれることが多いのですが、もともと専門だったわけではありません。防衛分野の仕事を手掛けようと思ったのは、北朝鮮に行ってみてからなんです。

林:なるほど。

石破:あの国はわれわれとまったく価値観が違っていて、国民は支配者のために存在しているんです。ふつうそんな国は国民によって覆されるんですけれど、北朝鮮は倒れません。旧ソ連は、「アメリカは自由で日本は豊かだ」という事実を国民が知ってしまって、倒れた。イラクは核を持たなかったから倒れた。だから体制生き残りのために北朝鮮は核を絶対持つでしょう。日本に向けて撃つ必要は何もないんだけれど、戦争は何かのはずみで起こることがある。過去にも「こんなはずじゃなかった」ということが多いんですね。

林:はい、そうですよね。

石破:大陸間弾道ミサイルは、飛ばすこと自体はそんなに難しくないんですが、大気圏に再突入させ、何千度という高温に耐え、実際に着弾して爆発させるという技術はかなり高度なものと聞きます。

林:そうなんですか。

石破:ですから北朝鮮の長距離核ミサイルが、アメリカまで届いてちゃんと爆発するかどうか。それよりも日本にとっての脅威は、いわゆるノドン級の中距離もしくは短距離のミサイルです。北朝鮮はこれらを20年ぐらい前から200~300発持っていると言われています。つまり20年も前から、日本全体が北朝鮮のミサイルの射程に入っているわけです。この事実を考えると、「いざとなったらおまえの国の原発にミサイルを落としてやるぞ」という脅しがまったく無意味だと私は思いません。

林:ただ、脅しが過ぎる感じがありませんか。「先にやっちまえ」という機運が高まると困りますよね。

石破:そういう議論にポンと飛ぶ人もいるんだけれど、日本には北朝鮮を攻める能力なんてゼロです。

林:本当ですか? 「十分に戦える能力を持っている」と軍事の専


v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
共産党が何度国会で質問しようが
  
1997年まで北朝鮮による拉致を

一切認めようとしなかった自民党政権
………………………………

(´・Д・`) 米国様が許可しなかったんだろ。

(TдT) 巷間の意見>>
………………………………
北朝鮮の拉致を暴いたのはなんと共産党の議員だったんだよな
NHKBS放送でやってた
自民党は薄々わかってたが戦争になる恐怖と利権の絡みでうやむやにしてた
………………………………

(´・Д・`) うすうすではなく、完全に知っていました。
共産党も結局米国配下だから茶番ですね。


作品紹介

内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード20000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります


日本大没落史001

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキング

 

mini-counter