mini-counter

目から寄生虫が次々と!テラジア・グローサ(Thelazia gulosa)

寄生虫】目から寄生虫が次々と、14匹を摘出、初の感染例
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1518895214/

画像:テラジア・グローサのメスの成虫。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/021400066/02.jpg

米国のアラスカ州でサケを釣っていたとき、アビー・ベックリーさんは左目に違和感を感じた。

「まつげが目に入ったときのようでした」と、彼女はそのときのことを振り返る。
だが、どんなに探しても、まつ毛も他のものも見つからず、5日たっても症状は消えなかったので、いらだち始めた。

「朝起きたとき、何が何でも目の中にあるものを取り出してやろう、と思ったんです」。
26歳だった彼女は勇気を振り絞ってまぶたをめくり、赤くなっている部分をつまんでぐいっと引っ張った。

そして指先を見てみると、「私の指に虫がいたのです」

記録に残っているかぎり、ベックリーさんはこの眼虫に世界で初めて感染した人物となった。
その寄生虫はテラジア・グローサ(Thelazia gulosa)という種で、ウシの目に感染することが知られているが、人間の目から見つかったのは初めてだ。

さらに、米国の記録では、ほかの種も含めたテラジアの感染例としては、ベックリーさんが11人目だった。

直近の例は20年以上前だという。

〈出てこい眼虫!〉

ベックリーさんが指先の虫を見つめていたのは、2016年夏のことだ。
当時は、これがテラジアという寄生虫だとか、人間としてはじめての感染例だとかなど、もちろん知らなかった。

ほぼ透明な小さい虫は、数秒間体をくねらせたのちに死んだ。
サケに同じような虫が寄生しているのを見たことがあったので、いつの間にかそれが目に入ったのかもしれないと考えた。
だが、虫は次から次に出てきた。何か大きな問題が起きているのは明らかだった。

「つまみ出し続けてみると、たくさんいることがわかりました」とベックリーさんは言う。

アラスカ州ケチカンの医者のもとに行くまでに、さらに5匹の虫が出てきていた。
ベックリーさんによれば、医者たちは「本気で驚いた」が、その虫が何なのか、
危険かどうかはわからなかった。

 感染した目が脳に近いことを心配したベックリーさんは、米オレゴン州ポーランドに戻ることにした。
ボーイフレンドの父親が医者で、オレゴン健康科学大学の医療スタッフに見てもらえるよう、
手はずを整えてくれていた。

病院では、「とても丁重に迎えられました」という。
珍しい眼虫を見ようと、医者やインターンが集まってきた。
最初、彼らは少し疑わしそうで、虫に見えたのはただの粘液ではないかと言ってきた。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
テラジア・グローサ

テラジア科

平均全長:1~2センチ

色:半透明

食べ物:涙液

感染症状:テラジア症、片頭痛、目の違和感

アビーさんはアラスカの漁船で仕事をしており、鮭を釣っている際に目に違和感を感じたそう。
………………………………

(´・Д・`) 女漁師なんですね。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
疾病対策センターCDC)では、この女性が夏に頻繁にアウトドア体験をしたことが感染につながったようだとしている。
………………………………

(´・Д・`) 夏場だけのアルバイトだったのか?

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
違和感がたまたまサケ釣ってたときに出ただけでサケ全然関係ないやんけ
牛と何か人には言えないことをやったのか?…
………………………………

(´・Д・`) 感染源は特定されていないようです。
牛の目にたかった蠅が人間の瞼に停まった可能性が一番強そうですね。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
これかとおもた(´・ω・`)
https://media.giphy.com/media/12rormSB3y66xq/giphy.gif
………………………………

(´・Д・`) すごいのを見つけてきましたね。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
研究者によると人間の目に感染する寄生虫は2種類(トキソプラズマ症、トキソカラ症)
今回発見された寄生虫で3種類。
………………………………

(´・Д・`) トキソプラズマは普通にいそうだな

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
トキソプラズマ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%BD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E7%97%87

トキソプラズマ症とは、トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)による原虫感染症である。
世界中で見られる感染症で、世界人口の3分の1が感染していると推測されているが、有病率には地域で大きな差がある。
健康な成人の場合には、感染しても無徴候に留まるか、せいぜい数週間のあいだ軽い風邪のような症状が出る程度である。
しかし胎児・幼児や臓器移植やエイズの患者など、免疫抑制状態にある場合には重症化して死に至ることもあり、重篤日和見感染症といえる。
重症化した場合には、脳炎や神経系疾患をおこしたり、肺・心臓・肝臓・眼球などに悪影響をおよぼす。予防するためのワクチンはない。

………………………………

(´・Д・`) 人類の3分の1が感染しているのか。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
感染動物由来の食肉を生食したり加熱が不十分だったりすると、感染の原因となる
………………………………

(´・Д・`) 平昌五輪に行った奴と接触するのは用心した方がよさそう。


作品紹介

内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード30000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります


日本大没落史001

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキング

 

mini-counter