mini-counter

亡国日本!情弱馬鹿を騙す無料Wi-Fiスポット!中国政府も旅行者に注意勧告

無料Wi-Fiスポット犯罪
https://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/a3b20c31cc66e433462611f2945c4b4e


怪しい無料Wi-Fiスポットに仕掛けられた罠を見破る方法 「暗号化キーなし」「同じSSIDを見つけた」は危険信号
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528534332/

外出先でのスマートフォン利用時に便利な無料Wi-Fiスポット。しかし、暗号化キーが設定されていない、あるいはまったく同じSSIDが複数存在する無料Wi-Fiスポットは利用を避けましょう。その無料Wi-Fiスポットには悪意ある人たちが罠を仕掛けているかもしれません。

2020年に向けてますます増加する海外からの旅行客、そしてオフィス以外で業務をこなすテレワークなどに欠かせないのが「外出先の無料Wi-Fiスポット」。しかしその無料Wi-Fiスポットに意外な罠が仕掛けられていることをご存知でしょうか? 今回は代表的な2つの例とその対策をご紹介します。

●罠その1:暗号化キー(パスワード)要らずのWi-Fi

たいていの無料Wi-Fiスポットは、利用時にSSIDと暗号化キー(パスワード)を入力する必要があります。これはインターネット利用中の通信を暗号化することで情報漏えいを防ぐ大事な手順です。SSIDと暗号化キーは、サービス登録時にメールで送られてきたり、飲食店など店舗が設置したWi-Fiスポットの場合はわかりやすい場所に掲出されています。

まれに暗号化キーを必要としない無料Wi-Fiスポットが存在します。入力の手間なしにインターネットを使えるので、つい利用してしまいがちですが、これは悪意ある人たちによる罠かもしれません。前回のエピソードのようにECサイトで決済をしたり、あるいはオンラインバンキングを使った結果、個人情報が盗まれて金銭的被害を受けることも考えられます。

対策は、とにかく暗号化キーが設定されていない無料Wi-Fiスポットを使わないこと。仮に、観光地や繁華街などスマホ利用者が極端に多く通信状況がままならない場所で、暗号化キーなしの無料Wi-Fiスポットを発見しても必ず無視しましょう。インターネットにつながりにくい状況を利用した罠の可能性が少なくありません。

●罠その2:本物に成りすますWi-Fi

飲食店に入ったところ、「SSID:coffeeshop/暗号化キー:cafe000」という貼り紙を見掛けたとします。あなたはさっそく利用しようとスマートフォンでネットワーク一覧からcoffeeshopというSSIDを探すでしょう。その際、まったく同じSSIDが複数存在したら、利用を中止するのが無難です。

なぜなら、お店が提供している無料Wi-Fiスポットに似せて、悪意ある人たちが設置した成りすましWi-Fiスポットの可能性があるからです。知らずにそのまま使い続けてしまうと、あなたの通信状況は悪意ある人たちに筒抜けになってしまいます。罠その1同様、個人情報の漏えいから金銭的被害を受けたり、ウェブサービスを乗っ取られるかもしれません。さらにアプリのアップデートを装って、ウイルスを送り込まれてしまい、そのウイルスによってスマホ内のデータを盗まれることまであり得るのです。

対策は、同一のSSIDが存在する際はそれらに接続しないことです。また、「coffeeshops」など本物と間違えやすいSSIDを設定している可能性も考えられます。うっかり接続してしまわないよう、文字列をよく確認しましょう。

たとえSSIDと暗号化キーが設定されている無料Wi-Fiスポットを発見しても、油断は禁物なのです。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
>ECサイトで決済をしたり、あるいはオンラインバンキングを使った結果

おバカ丸出し
………………………………

(´・Д・`) スマホも免許制にした方が良いな。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
スマホだと自動的に接続されるよな
………………………………

(´・Д・`) 気づかぬ間にメモリからハ●撮り動画がネット流出

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
まあ、天下のNTT様が国策事業として、外国人観光客のために作り上げていったフリーWi-Fi群があるわな。日本人も利用可能。

一回登録すると90日間は使用可能で、使わない場合は90日過ぎると登録抹消される。

とはいえ、VPNアプリ使って自己防衛しないとダメなのね。


全国9万5千スポットが無料で利用できる「Japan Connected-free Wi-Fi」は、格安スマホに最適な公衆無線LANサービスhttp://mobile-wimax.info/ltesim/topics/japan-connected-free-wi-fi-plus-mvno-sim.html
………………………………

(´・Д・`) ノーガードな奴が多そう。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
蕨駅近くのきったないビジホでノートPCをwifi繋いだら変なサイトに飛ばされた
楽天かyahooトラベルで蕨駅周辺で出てくる一番安いビジホ
………………………………

(´・Д・`) 鬼婆旅館でした。

(ι`・ω・´)ノ 情弱の意見>>
………………………………
有料のウィルスバスター入れれば良いんじゃない?
パソコンに入っているならスマホも入れて三台までは同じ金額で設定できるよ
wi-fiも対策されている。
………………………………

(´・Д・`) フリーWi-Fiプロテクション(トレンドマイクロ
http://safe.trendmicro.jp/products/fwp.aspx

年額2900円だが、ブラウザ専用ならともかく、ゲームとかやるとやばそうだな。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
ローソンとかさアプリを立ち上げてから接続するやつあるじゃん
あれは成りすましできないのかな?
………………………………

(´・Д・`) 今はメール登録だけて使えちゃうぞ。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
アメリカのドラマでよくある展開だけど、
悪意のあるWi-Fiスポットに接続すること自体が危険なので、VPNで安心な話ではない
最近は無料ニセWi-Fiスポット開設ツールみたいなのも進化してる
………………………………

(´・Д・`) Wi-Fi詐欺には気をつけよう。
Wi-Fi提供者が犯罪者だったらVPNアプリは意味ありません。

東京の公衆無線LANは危険、中国大使館が「使用に注意」と呼び掛け
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1521695238/

2018年3月21日、在日本中国大使館は日本で生活を送っている中国系や日本を訪れた中国人観光客に対し、都内の公衆無線LANは安全でないものもあるため不用意に使わないよう呼び掛けた。環球網が伝えた。

ある調査によると、東京都内の新宿や渋谷、六本木、秋葉原などの繁華街では公衆無線LANサービスの14%がパスワードなどセキュリティーのない状態で利用できるという。

公共機関が実施している同様のサービスもごく簡単な手続きで利用でき、いずれも利便性は高いが、個人情報や支払い情報などセキュリティー面にリスクがあり、サイバー攻撃を受ける恐れもあると指摘した。

中国大使館は「公衆無線LAN、とりわけ無料のサービスは不用意に使わないようにし、個人情報やプライバシーの保護に努め、サイバー攻撃に遭わないように気をつけてほしい」と注意を促している。


( ゚д゚)、 巷間の意見>>
………………………………
公明党が無料の無線LANを推進した戦犯だな。
………………………………

(´・Д・`) 朝鮮人か。

 (。_。) 馬鹿の意見>>
………………………………
いつもの「俺達がやってることは相手もやってるはず理論。」
南京大虐殺従軍慰安婦も全部このノリ。
………………………………

(´・Д・`) 東京には中国人が大勢いるんだぞ。詐欺Wi-Fiやりそうな連中と言ったらすぐ判るだろ。



作品紹介

内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります


northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

 人気ブログランキング

 

mini-counter