mini-counter

国連薬物委員会「大麻は有効性があり、比較的安全」解禁してよし

国連薬物委員会、「大麻は有効性があり、比較的安全」と宣言…国際的な規制に大きな影響を与える可能性
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529369703/

大麻宣言は大麻が効果的な「比較的安全な薬物」であると宣言している
 ~その結果は大麻の国際的な管理に影響を与える可能性がある

先週、世界保健機関(WHO)は先週、大麻の安全性を再検討した。
国連の麻薬委員会は、マリファナは「安全性の高い薬物」であり、世界中の何百万人もの人々がすでに多数の病状を管理していると指摘しています。

調査結果は、代理店が大麻に対して「国際的統制の必要性とレベル」について国連に準備している勧告に影響を与える可能性がある。
マリファナの禁止は、もともと1961年にさかのぼる国際的な薬物条約の下では、ほとんど世界中で実施されています。

報告書によると、世界的に推定される1815万人の大人が2015年に大麻を使用した。
ウィードは135カ国で栽培されており、「世界で最も広く作られた薬物である」。

国連機関は31カ国の953人の医療マリファナ患者の調査を行った。
彼らの大部分は、何年も大麻ベースの医薬品を使用していると言いました。

大半は医師の監督下にあった。
しかし大多数は医師の勧告を受ける前に大麻を試みたと述べた。

■痛みに最も頻繁に使用される

大麻は様々な形で、背痛、睡眠障害、不安、うつ病、傷害後の痛み、多発性硬化症をコントロールするために最も頻繁に使用されています。
大麻で最も一般的に治療される3つの条件は、痛み、睡眠障害、および不安であった。

米国で220万人の推定患者が薬用に大麻を使用している。
痛みは、最も頻繁に引用される条件である。イスラエルとカナダの大麻患者の痛みも高い。

一方、英国の大麻患者の30%が、多発性硬化症の治療にハーブを使用したと報告しています。
(Cannabis注入Sativexスプレーは一般に英国のMSに処方されています)

委員会は、興味深いことに、「癌細胞の増殖を低下させる」と阻害カンナビノイドを示す「前臨床文学の豊かさ」を指摘し、「数多くの癌細胞型における癌細胞の遊走および血管新生」これがあると思われる偉大な約束の面積以上で、研究来る。
その後、レクリエーション大麻のユーザーがいます。

国連報告によると、全世界の人々の3?5%が非医学的理由でマリファナを試みたと推定されている。
興味深いことに、この報告書で調べられた2つの研究では、大麻を医学的に使用する者と非医学的な使用者との間に有意差がないことを見出した。

しかし、1つの研究では、レクリエーション用の消費者よりも大麻を毎日多く使用していたことが医療従事者には分かりました。
医療従事者は、レクリエーション利用者よりも健康状態が悪い可能性が高い。
しかし、この研究では、アルコール依存症と非処方薬の両方の使用も低かったことが分かった。

写真:看護師は2011年3月9日イスラエルキブツ・ナーンで、ハダリム老人ホームで患者のために大麻のタバコを点灯させます。
イスラエルの保健省と協力して、ティクン・オラム社は現在、イスラエルの1800人以上の人々に薬用目的の大麻を配布しています

■研究の遅れ

国連報告は、大麻に関する科学的研究は不十分であると指摘した。
多くの公衆の関心が寄せられていますが、ほとんどの場合、禁止されている法的な制約により、臨床試験はほとんど行われていません。

「米国での研究の障壁には、前述のDEA、FDAを含むいくつかの連邦機関、研究倫理委員会、地方および州の監督上の懸念などをナビゲートすることの難しさが含まれている」と同報告書によると、興味深いことに、国連の報告書はまた、米国における科学研究のための大麻の現在の単一源からの品質管理における問題を指摘した。
すべての連邦大麻は、ミシシッピ大学のオックスフォード大学キャンパス内のある農場で栽培されています。

大麻使用に関する現在の国際的な政策は時代遅れであり、米国および世界各地の患者に有害な影響を及ぼしている」とセーフ・アクセス(ASA)のアメリカ人のエグゼクティブ・ディレクターであるSteph Sherer氏は語った。
「これらの政策は、医療大麻の法律を通過した世界30カ国以上の現実を反映していない」

国連事務総長はすべての薬物をデクリメントしたい
3月のAntonioGuterres国連事務総長は、すべての薬物の非犯罪化を支持する演説を行った。彼の発言は、国連のトップ麻薬関係者に反するものでした。彼らは同じ週の早い時期に世界中の大麻の合法化を批判する報告書を発表した。

「現行の取り組みは、不法薬物市場を排除するという目標には至っていない」とグテアレス氏はビデオメッセージで語った 。
「組織犯罪を阻止し、人権を保護し、権利ベースの治療と支援を発達させ、確保する努力を推進することができます。
私は約20年前に首相に就任したときにポルトガルで導入した改革の成果を特に誇りに思います。

ポルトガルの首相であったグテーレスは、2001年にその国のすべての薬物の非犯罪化を導入しました。
この政策は成功と見られ、世界中の支持者から高く評価されています。
過剰摂取、HIV感染、さらには全体的な使用さえも、国のデムリム下では 減少している。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
コストが安く医療に応用が利く大麻より
パチンコのほうが害悪だわな
存在自体が悪というならパチンコを廃絶しろよクソパチンコっぷさんよお
………………………………

(´・Д・`) 大麻で一儲けをユダ金が画策しているんだよ。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
なんで麻薬指定されたんだろ
………………………………

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
科学的根拠は全くない。

大麻が国際的に禁止された『万国第二阿片条約』の第二会議は、麻薬の製造や使用の
制限などに関して協議され、第一会議の参加国を含む四十数カ国が参加した。
途中で離脱したアメリカと中国の参加なしで、協議は行われ、議定書を作成した。

その席上、エジプト政府は、科学的根拠を示さずに大麻禁止政策をゴリ押しした。
エジプト政府の強硬なゴリ押しにより、十分な審査もされず、大麻は万国阿片条約に含まれた。

そして、何の審議、審査もされずに『麻薬に関する単一条約』に移行された。
国連・WHOは、82年間も大麻の正式な審査をしていなかったと公式に認めて、これまでの大麻規制レベルを正式に審査するための資料は不十分であるか、
または決定的ではないと公式発表をした。

それを受けてWHOは、大麻に関する『WHO:医薬品依存専門家委員会』を、
2018年6月4-8日に開催し、国連条約での大麻規制レベルを審議した。(>>1 参照)

【国連・WHOは82年間も大麻の正式な審査をしていなかった】

大麻は、1935年の国際連盟健康委員会による審査から、専門家委員会に
よって科学的に一度も見直及び審査はされなかった。

現在のヘロイン同等と言う一番厳しい国連条約規制レベルは、1935年の僅かな
科学的知見により決定されている。

その非科学的な、規制レベルを、最新の科学、事実に基づいて見直そう、
と言うのが、現在の国連及びWHOの方針だ。
………………………………

(´・Д・`) タバコ産業によるライバル潰しか?
今度はタバコが売れなくなったので、大麻に乗り換えようと…。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
麻は日本では昔から繊維の素材として広く使われていたものなのに
進駐軍が麻薬に分類して社会から排除してしまった
………………………………

(´・Д・`) 日本産の大麻は吸引には不向きで、吸っても気持ち悪くなるだけ。だから、昔から吸う奴はいなかった。

作品紹介

内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります


northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

 人気ブログランキング

 

mini-counter